善玉菌を増やすサプリメントの人気ランキング


善玉菌を増やす方法としては【生活習慣の改善】【食べ物・食品による摂取】【サプリメントによる摂取】などがありますが、もっとも手軽で続けやすいのがサプリを摂って善玉菌を増やす方法です。


食べ物から摂取するには調理が必要な場合が多いですし、ヨーグルトなどから摂取するにしても、毎日多くの量を食べる必要があります。


その点、サプリなら1粒(1包)に何十億という善玉菌がギュッとつまっているので、手軽さがちがいます。価格も抑えられているものが多くあるので、継続することを前提に考えるならサプリが最適です。


善玉菌サプリを選ぶときのポイント


善玉菌サプリを選ぶ場合のポイントは以下のとおりです。


  • 善玉菌のほかにオリゴ糖も含まれているか
  • 購入しやすく続けやすい価格であるか
  • 生きたまま腸まで届く善玉菌を配合しているか

オリゴ糖は、善玉菌の代表格であるビフィズス菌の栄養になります。ビフィズス菌とオリゴ糖を一緒に摂ることで、より効率的に善玉菌を増やすことができます。そのため、善玉菌とオリゴ糖を一緒に配合しているかどうかは大事なポイントです。


また、善玉菌が生きたまま腸まで届くかどうかも大切。胃酸などで死滅してしまう善玉菌ではなく、胃酸に強い、もしくはカプセルによって守られているなど、生きたまま腸まで届くカタチになっているかを確認しましょう。


そして、価格も重要です。外部から摂りいれた善玉菌は腸に定着しにくい性質があるので、毎日補給することが大事。その点で、購入しやすく続けやすい価格かどうかもポイントになります。


上記のポイントをふまえ、善玉菌を増やすときにオススメのサプリを以下に紹介します。腸内環境を改善してお腹をスッキリさせ、健康的な生活を送りましょう!


善玉菌を増やすサプリおすすめランキング

ビフィーナS

ビフィズス菌50億個+乳酸菌10億個+オリゴ糖
森下仁丹の「ビフィーナS」は、1包あたりビフィズス菌50億個、乳酸菌10億個、そしてオリゴ糖を配合したバランスの良いサプリ。


善玉菌の代表であるビフィズス菌だけでなく、サポート役の乳酸菌、ビフィズス菌の栄養となるオリゴ糖も配合しており効果を最大限発揮。


善玉菌が生きたまま腸まで届く
日本生物工学会生物工学技術賞を受賞した独自技術「ハイパープロテクトカプセル」によって、善玉菌を生きたまま腸まで届けます。


18年連続売上No.1※1
乳酸菌健康食品部門で18年連続売上No.1をほこり、販売実績は890万個を突破※2。腸内の善玉菌を増やすのに、もっともオススメのサプリです。


※1 出典 : H・Bフーズマーケティング便覧, 1998〜2015, 機能志向食品編, 乳酸菌類 シェア, (株)富士経済(1996〜2013年実績)
※2 1993年〜2014年12月31日までのビフィーナ(R)シリーズ愛用者、販売累計(森下仁丹調べ)


菌の数 ビフィズス菌 : 50億個
乳酸菌 : 10億個
菌の種類 ビフィズス菌、アシドフィルス菌、ガセリ菌
内容量 60包(約60日分
価格 【初回限定】30包 : 2,980円876円OFF)送料無料
【初回限定】60包 : 5,875円20%OFF)送料無料
【定期コース】60包 : 5,875円20%OFF)送料無料
※ 定期コースはずっと20%OFF

ビフィーナSの詳細・購入はこちら


 


善玉菌のチカラ

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌が1粒に20億個以上
フジッコの「善玉菌のチカラ」は、1粒あたり20億個以上の乳酸菌を配合したサプリ。あのカスピ海ヨーグルトに含まれるデリケートな乳酸菌を、生きた状態でカプセル化しています。


菌の種類は「クレモリス菌FC株」。生きて大腸まで届く力強い乳酸菌で、サプリとして凝縮されているので、ヨーグルトによる摂取よりもビフィズス菌を効率よく増やします。


ダイエット中でも大丈夫!1粒たったの0.71Kcal
1粒あたりの脂質は0.01g、エネルギーは0.71Kcalと、驚きの低カロリー。ダイエット中の方やヨーグルトが苦手な方にも摂りやすくて便利です。


カルシウムも1粒あたり70mg配合
美容や健康のために欠かせない、けれども不足しがちなカルシウムも配合。ホタテ貝由来のカルシウムで栄養素を補給できます。


ビフィズス菌を直接増やすビフィーナSよりも善玉菌の数は少ないですが、低価格なのが魅力。価格を低く抑えたい、善玉菌を増やすと同時に栄養バランスも整えたい、という方にオススメのサプリです。


菌の数 20億個以上
菌の種類 クレモリス菌FC株
内容量 1袋 31粒(約30日分
価格 【初回限定】1袋 : 1,950円23%OFF)送料無料
【定期コース】1袋 : 1,175円50%OFF)送料無料
※ 初回のみ50%OFF、2回目から2,350円(約7.8%OFF)

善玉菌のチカラの詳細・購入はこちら


 


乳酸菌(EC-12)

1兆個の乳酸菌が腸まで届く
久光製薬の「乳酸菌(EC-12)」は、1袋あたり1兆個の乳酸菌を配合したサプリ。1兆個というのは、ヨーグルトだと100個分。そんなに食べるのはムリですが、サプリなら摂取できます。


菌の種類は「フェカリス菌」。小さい球菌で、一度にたくさん摂取できます。整腸や免疫力向上といった作用のほか、花粉症の症状を緩和する作用もあることが研究でわかっています。


乳酸菌だけでなくオリゴ糖も配合
消化されずに腸まで届き、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖もしっかり配合。ダブルの効果で善玉菌の増殖をサポートします。


水なしでOK!外出先でもサッと飲めるブルーベリー味
顆粒タイプなので水なしで飲めるから外出先でも大丈夫。ブルーベリー味が美味しいという愛用者の声があります。


生菌ではなく死菌であるのが気になりますが、死菌でも善玉菌を増やす効果は認められています。善玉菌をたくさん摂りたいという方にオススメのサプリです。


※ ヨーグルト1個(100g)に100億個の乳酸菌が含まれるとした場合


菌の数 1兆個
菌の種類 乳酸菌EC-12(フェカリス菌 : 殺菌)
内容量 30袋(約1か月分
価格 【初回限定】30袋 : 1,955円 送料無料
【定期コース】61袋 : 5,832円10%OFF)送料無料

乳酸菌(EC-12)の詳細・購入はこちら


善玉菌サプリのQ&A


Q. ビフィズス菌や乳酸菌ってなに?


A. 善玉菌には、おもにビフィズス菌と乳酸菌の2種類があります。とくに重要なのがビフィズス菌で、善玉菌の99.9%以上をしめています。乳酸菌は、その残りの0.1%以下です。


ビフィズス菌は酢酸と乳酸を、乳酸菌は乳酸をつくり、悪玉菌を抑えるはたらきをします。どちらも腸内環境の改善に役立つものですが、善玉菌の代表格であるビフィズス菌をとくに重視するべきだと考えています。


Q. 善玉菌サプリの効果的な摂取方法は?


A. ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、胃酸や胆汁酸に弱い傾向があります。上記で紹介しているサプリは独自技術で溶けにくいカプセルなどを使用しており、胃酸などに負けず腸まで届くような設計になっています。


しかし、なるべく食後などの胃酸の酸性度が弱くなったときに摂取するほうが、より腸に届きやすくなると考えられます。空腹時よりも、食後に摂取することをオススメします。


Q. サプリを摂るだけで善玉菌は増える?


A. サプリの摂取と、生活習慣の改善を同時におこなうことをオススメします。サプリの摂取で腸内の善玉菌は増えますが、食生活や生活習慣が乱れていたり、ストレスを強く受けていたりすると、悪玉菌が増加しやすい状態になります。


せっかくサプリで善玉菌が増えやすい腸内環境をつくっても、一方で悪玉菌を活性化させるような生活をおくっていては効果は半減します。


とはいっても、強い制限はストレスになり、逆効果になってしまう可能性があります。急にガラッと変えるのではなく、少しずつ腸内環境が改善するような生活習慣へと変えていくのが望ましいと思います。

更新履歴