悪玉菌が増えることによるデメリット


腸内細菌には3つのグループがあり、それぞれ【善玉菌】【悪玉菌】【日和見菌】と呼ばれています。


このうち、善玉菌はカラダに良いはたらきをするので、善玉菌を増やすことで健康になったり肌がキレイになったりします。しかし悪玉菌が増えると、免疫力の低下や体臭の悪化など、いろいろな問題が起きてきます。


ここでは、悪玉菌が増えるとカラダにどんなことが起きるのか、そして悪玉菌を増やす生活習慣はどのようなものなのかを説明します。


免疫力が下がる


腸内には人体最大の免疫システムがあります。その免疫細胞の数は全体の約70%とも言われており、体内に異物が侵入したときにそれを排除したり、カラダが元気になるような働きをしています。


その免疫細胞を活性化するのが善玉菌ですが、腸内に悪玉菌が増えるとき、善玉菌は反対に減ってしまいます。


免疫細胞を活性化するための善玉菌が減るということは、すなわち免疫力が落ちるということ。つまり悪玉菌が増えると、免疫力が低下してしまうのです。


善玉菌の仲間であるR-1乳酸菌を継続的に摂ると、風邪をひきにくくなるという試験結果がでています。R-1乳酸菌が免疫細胞であるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化するためとのことです。


悪玉菌はこれらの有益な善玉菌を減らすのですから、悪玉菌が増えると免疫力が落ちるということは事実のようなのです。


体臭や口臭、便やおならが臭くなる


ウェルシュ菌などの悪玉菌が増えると、未消化のタンパク質を分解して、有害物質をつくりだします。そうして発生したアンモニア、インドール、スカトール、硫化水素などは悪臭の原因にもなります。


腸で発生したニオイ物質がそのまま肛門から排出されれば、便やおならの臭いとなってあらわれます。悪玉菌が増えると、ウンチやおならが臭くなるのです。反対に考えると、便やおならが臭いということは、悪玉菌が増えている可能性があるということです。


また、ニオイ物質がお尻ではなく、別のところからでていくこともあります。腸壁から吸収されたニオイ物質が血液を通して皮膚までいけば体臭となり、肺までいけば口臭となります。


悪玉菌が増えるということは、悪臭の原因も増えるということであり、体臭や口臭が臭くなる原因にもなるのです。


悪玉菌を増やす生活習慣


悪玉菌は、【生活習慣の乱れ】【自律神経の乱れ】【加齢】などで増加します。


食事の時間がいつも違っていたり、睡眠不足が続いたりすると悪玉菌は増えます。また、暴飲暴食をするとより活発化します。


胃腸の動きは自律神経のひとつ副交感神経がになっていますから、自律神経の乱れも腸の動きを悪化させることで悪玉菌を増やす原因となります。自律神経はストレスによって乱れるので、ストレスが多い場合には注意が必要です。


また、加齢も影響します。年を取ると善玉菌は減り、悪玉菌は増えます。なるべく継続的に善玉菌を摂取して、悪玉菌が増えにくい腸内環境をつくっていくことが大事なのです。


悪玉菌を増やす食事


食生活の乱れは悪玉菌の増加に大きく影響します。とくに暴飲暴食はいけません。


また気をつけたいのが、肉類の摂取です。悪玉菌が有害物質をつくるとき、タンパク質を分解して腐敗させます。そのときに有害物質や悪臭の原因ができるのですが、タンパク質が多いとよりその動きが加速します。


つまり、肉類を多く摂ると悪玉菌が活発になるということです。なるべく規則正しい食生活をして、内容も肉類ではなく野菜や果物中心の胃腸にやさしいものにすることが、悪玉菌を増やさないコツです。気をつけましょう。