ヨーグルトの効果的な食べ方とは?


善玉菌を増やす代表的な食べ物といえばヨーグルトです。しかし数あるヨーグルト商品のなかにも、きちんと善玉菌を増やすものもあれば、そうでないものもあります。


どのようにしてヨーグルトを見分ければ良いのか?効果的なヨーグルトの摂り方とはどういうものなのかを説明します。


食べ物から善玉菌は摂れない?


善玉菌を増やす食べ物・食品」でも説明したとおり、生きて腸まで届く微生物(善玉菌)のことをプロバイオティクス、その善玉菌を増やすサポート役の食品成分をプレバイオティクスと言います。


人間の腸にすみついている善玉菌の99.9%はビフィズス菌です。そして、そのビフィズス菌のはたらきを助けるのが乳酸菌です。ビフィズス菌と乳酸菌は混同されがちですが、厳密には別物であり、善玉菌のほとんどがビフィズス菌なのです。


さて、善玉菌(ビフィズス菌)を増やすには、プロバイオティクス食品を摂るか、プレバイオティクス食品を摂るか、どちらかをおこなう必要があります。


市販されている商品のなかには善玉菌を含むものの、プロバイオティクスではない商品があります。そういう商品に含まれる善玉菌は生きたまま腸まで届かず、ほとんどが胃酸などで死滅してしまいます。


死滅した善玉菌も有効なはたらきをすることがわかっているので、そういう食品を食べることもムダなわけではないですが、なるべくなら生きたまま腸まで届く善玉菌を含んだプロバイオティクス商品を選ぶほうが良いでしょう。


ヨーグルトの選び方


というわけで、ヨーグルトを選ぶときも、プロバイオティクス商品を選ぶべきです。そういう商品にはパッケージに「プロバイオティクス」「生きたまま腸まで届く」などの文言が書かれているので、それを参考にします。


また、含まれているのがビフィズス菌なのか、乳酸菌なのかの確認もできればしましょう。


すでに説明したとおり、善玉菌の99.9%はビフィズス菌です。乳酸菌はサポート役であり、腸内細菌のバランスを整えるのにより有効なのは、ビフィズス菌の摂取です。


なので、乳酸菌を強くおしているヨーグルトよりも、ビフィズス菌が含まれている旨の表記があるヨーグルトを積極的に選びましょう。


世間ではビフィズス菌と乳酸菌を混同して使用している例も多くあり、ヨーグルト商品のなかにも乳酸菌配合としていながら、実はビフィズス菌をきちんと配合していたというケースはたまにあります。


そういうケースもありますが、ビフィズス菌配合と書かれていれば間違いなくビフィズス菌は入っていますので、そちらを選んだほうが間違いはないと思います。


摂り続けることが大事


ヨーグルトの摂り方として注意したいのが、短期間だけ摂取するのではなく、毎日続けて摂取することが大事だということです。


善玉菌は腸内に長くとどまれず、便として排出されます。そのため、毎日補給が必要なのです。また、ビフィズス菌にはいくつか種類があり、自分の腸内にすんでいるものと、口から摂取したものが合わない場合があります。


そういう場合も腸内の定着率が下がるので、やはり続けて摂取することが大事ですし、肌の調子や便の排泄などを通して合わないと感じた場合は、別のヨーグルトに変更するという手間もかけていく必要があります。


善玉菌を増やすためには上記のような手間が必要ですが、健康のためなので、なるべく手を抜かずにやっていきたいですね。


もしそのような意識や実践が面倒という場合は、手軽に摂取できるサプリがオススメです。いつでもどこでも簡単に摂取できて、善玉菌の数もギュッと凝縮されていて素早く大量に摂ることができます。


もちろん、生きたまま腸まで届くカプセル加工などもされているので、食べ物からの摂取よりも効果的です。ヨーグルトを毎日、何100gも摂らないといけないのが面倒という場合は、ぜひサプリでの摂取を検討してみてください。