腸内環境を整えて免疫力を上げる善玉菌


善玉菌を増やすとカラダに良いというけど、実際に何が良いのか?ということについて説明します。


善玉菌の効果はおもに「腸内環境を整える」「免疫力を向上させる」「便秘や下痢を防ぐ」などです。腸内環境を整えるとはどういうことなのか、免疫力が上がると何が良いのか。それぞれ、具体的に説明します。


腸内環境を整えて便秘や下痢を防ぐ


人の腸内には、【善玉菌】【悪玉菌】【日和見菌】の3種類があり、善玉菌と悪玉菌はつねに一定のバランスを保ちながら勢力争いをしています。


日和見菌は優勢なほうに加勢する菌で、全体の約70%をしめます。健康的な人の腸内には善玉菌が20%、悪玉菌が10%の割合で存在するとされています。


この腸内細菌のバランスのことを腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とか、腸内フローラと呼びます。腸内細菌は顕微鏡で見るとお花畑のようにキレイに見えることから、腸内フローラという名称がつけられています。


この腸内フローラのなかで、善玉菌は消化・吸収を助けたり、悪玉菌を減らしたりするはたらきがあります。


消化・吸収が良くなると便の移動がスムーズになり、便秘になりにくくなります。また、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌がつくる乳酸・酢酸により、酸に弱い悪玉菌の増殖が抑えられます。


悪玉菌は未消化の食べカスを分解して腐敗臭や有害物質をうみだし、それが便秘や下痢の一因になります。悪玉菌が減り有害物質などの発生が抑えられることで、便秘や下痢が防がれるというわけです。


便が腸内に長くとどまれば、それだけ多くの有害物質をうみだし、腸管から吸収された毒素が全身をまわることになります。それが肌荒れや体臭などの原因になるので、悪玉菌を抑えることは非常に大事なのです。


また腐敗臭を抑えられれば、腸内のガスがお尻からでる現象、つまりオナラの臭いの改善にもつながります。善玉菌を増やすことは、体臭やオナラの臭い改善にもつながるのです。


善玉菌が免疫力を向上させる


ビフィズス菌はカラダの免疫力も向上させます。


腸内には全体の約70%の免疫細胞が集まっているとされていますが、じつはその免疫細胞を活性化させるのがビフィズス菌なのです。そのため、ビフィズス菌を増やすことが、免疫力の向上につながります。


乳酸菌はビフィズス菌がすみやすい環境をつくり、ビフィズス菌が増えるのをサポートします。数のうえでは善玉菌のなかで0.1%以下しかない乳酸菌も、免疫力向上の一因になっているのです。


善玉菌の99.9%をしめるビフィズス菌を増やし、さらに乳酸菌を増やしたり、ビフィズス菌の栄養になるオリゴ糖や食物繊維を摂ったりすることで、腸内環境が改善して免疫力が向上します。


免疫力が上がれば風邪やインフルエンザにかかりにくくなりますし、シミやくすみなどの肌荒れの予防にもつながる可能性があります。そういった面で、善玉菌を増やすことはとても健康に良いと言えるのです。