乳酸菌の分類とそれぞれの効果


善玉菌にはビフィズス菌と乳酸菌の2つがありますが、このうち人の腸内で発見されているビフィズス菌は10種類ほどとされています。


そして、乳酸菌に関してはまだ研究段階で見つかっていないものもあるようですが、現段階でも複数の種類が確認されています。ここではいままでに発見されている乳酸菌のなかで代表的なものをピックアップして説明します。


乳酸菌はビフィズス菌のサポート役


健康な人の腸内では、腸内細菌の約20%が善玉菌とされていますが、そのうちの99.9%はビフィズス菌がしめています。つまり、乳酸菌の割合は0.1%以下に過ぎません。


しかし、だからといって効果も0.1%程度しかないということにはなりません。乳酸菌には糖から乳酸をつくりだす働きがあり、それによって悪玉菌をやっつけて腸内環境を整えるという役割があります。


悪玉菌が減ればビフィズス菌が活躍しやすくなりますので、乳酸菌はある意味ではビフィズス菌のサポート役と考えることができます。


また、いままでの研究によって、ある種の乳酸菌が風邪の予防に関係する免疫力向上に影響しているということなどがわかっています。ビフィズス菌だけでなく乳酸菌も含めて、善玉菌を増やすことが大切なのです。


乳酸菌による整腸効果


乳酸菌には説明したとおり、整腸効果があります。


ビフィズス菌が乳酸と酢酸をつくり悪玉菌がすみにくい環境をつくるのに対して、乳酸菌は乳酸のみしかつくりませんが、それでも悪玉菌を減らすことはできるのです。また、それによって主役のビフィズス菌が増えやすくなる効果もあります。


乳酸菌の良いところは、胃酸や胆汁酸に比較的強く、生きたまま大腸に届きやすいという性質をもつものが多くあることです。


ビフィズス菌にもそのような種があることがわかってきましたが、乳酸菌はむかしから日本人の食生活に欠かせない漬物、味噌、しょうゆ、などに含まれており、日本人の腸に適したものであるという見方もあります。


アシドフィルス菌やR-1乳酸菌の効果


【アシドフィルス菌】は乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)と呼ばれる棒状の乳酸菌で、正式には「ラクトバチルス アシドフィルス」といいます。熱や酸に強く、口から摂取した場合も約70%が生きたまま腸まで届くと言われています。


アシドフィルス菌は「ビオチン」というビタミンB群の一種の生成に役立っており、抗生物質などによってビオチンが不足した場合の脱毛や湿疹、炎症などに対して有効なのではないかと考えられています。


また【R-1乳酸菌】(ラクトバチルス ブルガリクス OLL1073R-1)については、風邪をひくリスクが低下したり、インンフルエンザを抑えたり、ナチュラル・キラー細胞(NK細胞)を活性化したりする効果があるという研究結果がでています。


参考 : 1073R-1乳酸菌試験結果(1) | 明治ヨーグルトライブラリー


このほかに、胃酸や胆汁酸に強く腸で増えやすいことが確認されている【L.カゼイ菌】、ブルガリア菌やサーモフィルス菌にくらべて腸にとどまりやすい【L-55乳酸菌】なども注目されています。


ひとつひとつの効果をおぼえる必要はなく、生きて腸まで届く乳酸菌を含む食品を摂ることが大事、だとおぼえておくと良いと思います。