善玉菌は食べ物で増やすのがいちばんお手軽


ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、食べ物で増やすのがいちばんお手軽な方法です。人間であれば誰でも食事をとりますし、日々の生活サイクルに組み込むことでストレスなく善玉菌を摂取することができるからです。


しかし、善玉菌を食品から摂る場合、きちんと食品と摂り方に気をつけないと、良い効果は得られません。腸内環境を良くするためにも、食べ方と食べ物の両方を意識するようにしましょう。


プロバイオティクスとプレバイオティクス


善玉菌を摂るときに意識したいのが、その食品が「善玉菌を含んだ食べ物」なのか、それとも「善玉菌を増やすはたらきのある食べ物なのか」ということです。


ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のなかで、きちんと大腸まで届いてカラダに有効なはたらきをするものを「プロバイオティクス」と言います。


そして、その善玉菌のエサになったり、善玉菌を活発化させる食品成分を「プレバイオティクス」と言います。両社は1文字ちがいですが、根本的に異なるものなので、きちんと区別して覚えておくと役立つと思います。


善玉菌を含んだ食べ物


善玉菌を含んだ食べ物といえば、まっさきにあがるのが「ヨーグルト」だと思います。ヨーグルトはビフィズス菌や乳酸菌を含んだ商品が数多く出ていますが、そのなかで「プロバイオティクス」のものを選ぶようにしましょう。


というのは、善玉菌はなるべく生きたまま腸まで届くのが望ましいからです。胃酸や胆汁などで死滅してしまうと、摂取しているわりには善玉菌が増えないということになりかねません。


なので、「プロバイオティクス」や「生きたまま腸まで届く」という表記のあるものを選びましょう。


しかし、生きたまま腸まで届く善玉菌を含んでいない商品でも、まったく効果がないわけではありません。胃酸などで死滅してしまった善玉菌は、すでに腸内にいる善玉菌を増殖させる助けになるという研究結果があります。


重要なのは、プロバイオティクスの商品も、プレバイオティクスの商品も、どちらも毎日きちんと摂るべきだということです。


食品から摂取した場合、腸内にすんでいる細菌群と合わない場合、長く腸内に滞在することができずに比較的早く排出されてしまうということがあります。そのため、善玉菌を増やすには継続的に摂り続けることが大事なのです。


ヨーグルト以外の食べ物


ヨーグルト以外の善玉菌を増やすための食品としては、【チーズ】【味噌】【納豆】【漬物】【キムチ】などがあります。


日常生活のなかで食べ物としてとりいれる場合は、みそ汁に漬物、納豆などの和食料理からとりいれるのがお手軽でやりやすいかと思います。


オリゴ糖と食物繊維


オリゴ糖と食物繊維を含む食品を摂ることも、善玉菌を増やすのに役立ちます。これらは善玉菌を増やすサポート役になるプレバイオティクスとして認められている食品成分だからです。


オリゴ糖には【ガラクトオリゴ糖】【フラクトオリゴ糖】【キシロオリゴ糖】【イソマルオリゴ糖】【大豆オリゴ糖】【乳果オリゴ糖】【ラフィノース】などいくつか種類がありますが、それぞれの食品ごとに含む種類はちがいます。


オリゴ糖を多く含む食品としては、【バナナ】【大豆】【ゴボウ】【玉ねぎ】などがあります。


オリゴ糖は消化されにくく、水分を保持したまま腸まで届くため、便を軟らかくする効果もあります。そのため、便秘などに悩む場合にとくにオススメです。一般的に、便秘が改善されれば腸内細菌のバランスは良くなります。


また食物繊維はすべてではありませんが、そのなかの一部がプレバイオティクスとして認められており、善玉菌を増やす助けになります。


食物繊維を多く含む食品には、【海藻類】【インゲン豆】【エンドウ豆】【しそ】【パセリ】【ゴボウ】【ニンニク】【しいたけ】【きくらげ】【プルーン】などがあります。


食物繊維は腸内の有害物質を吸着して排出してくれるので、腸内をキレイにするのに役立ちます。善玉菌そのものを含む食べ物だけでなく、サポート役のオリゴ糖や食物繊維も含めてバランスよく食べるようにしましょう。


食べ物が面倒な場合はサプリがオススメ


食べ物から摂るのが面倒という場合には、サプリがオススメです。それぞれの成分を多く含む食品を覚えたり、日々の生活で摂りいれていくとなると意外と労力がかかります。


また、ビフィズス菌や乳酸菌は胃酸などで死滅してしまうこともありますし、実際にどれくらいの量が含まれているかはパッとわからない商品が多数あります。


そういったわずらわしいことが苦手な場合は、配合している量が一目でわかり、きちんと腸まで届くような仕組みのほどこされたサプリメントがオススメです。摂取も簡単だし、料理を考える手間もかかりません。


毎月摂り続けるとなるとすこしお金がかかりますが、健康のことを考えるなら必要な投資ととらえることもできます。食べ物で善玉菌を増やすのが面倒な場合は、ぜひサプリを検討してみてください。