善玉菌にはいくつかの種類がある


腸内細菌には善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つのグループがあります。そのうち善玉菌は「ビフィズス菌」と「乳酸菌」の2種類に大別されます。


善玉菌はよく乳酸菌としてひとまとめにされますが、ビフィズス菌と乳酸菌は別の微生物であり、働きもちがいます。ここでは、善玉菌の種類について詳しく説明します。


99.9%はビフィズス菌


善玉菌はビフィズス菌と乳酸菌にわかれると説明しましたが、じつはそのうち99.9%はビフィズス菌で、乳酸菌の数は0.1%以下です。つまり、善玉菌のほとんどがビフィズス菌なのです。


そのため腸内環境にあたえる影響も、ビフィズス菌のほうがより大きいとされています。だからといって乳酸菌はいらないわけではもちろんないのですが、腸内環境を整えるにはビフィズス菌を中心に考えることが大事なのです。


ビフィズス菌と乳酸菌のはたらき


ビフィズス菌と乳酸菌は数もちがいますが、そのはたらきも違います。


ビフィズス菌は胃酸にとても弱く、口から摂取したものは、そのほとんどが胃酸で死滅してしまいます。そのため腸内のビフィズス菌を増やすためには、なるべく胃酸に強い種類のビフィズス菌を選ぶ必要があります。


乳酸菌はビフィズス菌よりも胃酸に強く、生きたまま腸まで届く種類のものが多くあります。ビフィズス菌が人や動物の腸内にしかすんでいないのに対して、植物や動物など幅ひろいところに分布しているのも、乳酸菌の特徴です。


そして腸内のはたらきを見ると、乳酸菌は乳酸だけを、ビフィズス菌は乳酸と酢酸をつくります。これらの酸が悪玉菌がすみにくい環境をつくり、腸内環境を整える要因になります。


乳酸菌だけを配合したヨーグルトよりも、ビフィズス菌も配合したヨーグルトのほうが整腸作用が高いという研究結果がでており、そのビフィズス菌の効果の大きさは実証されているのです。


ビフィズス菌は加齢によって減少する


赤ちゃんの腸内細菌におけるビフィズス菌の割合は、99%とも言われています。しかしその割合は加齢によって下がっていき、成人するころには腸内細菌全体の10%程度になってしまいます。


高齢者になればさらに下がり、60歳ごろになると約1%程度しか存在しないそうです。


また、ビフィズス菌は野菜(食物繊維)の不足や乱れた食生活、ストレス、運動不足などでもその数を減らします。そのためビフィズス菌を増やすためには、意識して積極的に摂取していく必要があるのです。


ビフィズス菌の種類とはたらき


ビフィズス菌は現在まで、約30種ほどが見つかっています。それは動物の腸内に存在するものも含めた数字で、人の腸内で見つかっているのは10種ほどとされています。


この10種のうち、実際に個々人の腸内にすんでいるビフィズス菌は5種類ほどだと考えられており、それらの組合せは人それぞれ違います。そのため、同じビフィズス菌含有食品を摂っても、同じ整腸効果が得られるわけではありません。


ビフィズス菌には整腸効果(便秘や下痢を防ぐ効果)や、免疫力を高める効果があるとされています。


しかしビフィズス菌は長く腸内にとどまれず、短いものだと数日で体外へ排出されてしまいます。そのため整腸効果などを期待する場合は、毎日つづけて摂取することが望ましいのです。