トップ > ワキガの原因

汗臭いのとは違うワキガ臭

腋

ワキガ臭というのは、いわゆる「汗臭い」というときのニオイとは異なり、非常に刺激的なニオイがします。その原因は「」と「」にあります。

ここでは、なぜワキガ臭は独特のニオイなのか、どのような仕組みで、通常の汗と違うニオイが発生するのかということを説明します。

ワキガの原因

ワキガの原因は、汗と菌にあります。

人体にはおもに2つの汗腺があります。「エクリン腺」という汗腺は人体のほぼ全体に存在しており、人間が出す汗のほとんどはエクリン線から出る汗とされています。

エクリン腺から出る汗は、ほとんどが水分と塩分で構成されており、無色・無臭です。

問題は「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺から出る汗です。アポクリン腺は別名「大汗腺」と言われており、腋(わき)の下、耳の中、乳首の近く、性器の近くなどの限られた場所に存在しています。

アポクリン腺から出る汗は脂質やタンパク質を含み、乳白色をしています。この汗が皮膚の常在細菌によって分解されることで、独特の「ワキガ臭」と呼ばれる刺激臭が発生するのです。

アポクリン腺から出る汗、そして皮膚の常在菌。この2つがワキガ臭の原因です。

さらに、皮脂腺から出る皮脂、エクリン腺から出る汗と混ざることによって、ニオイが強くなったり、拡散したりします。腋毛にはニオイをとどめる作用もあるので、腋毛の多さもニオイの強さに関係します。

というわけで、2種類の汗腺のうち、腋などに集中して存在するアポクリン腺から出る汗が、ワキガのおもな原因です。そのため、ワキガを完全に治すには、このアポクリン腺を切除する必要があり、それには手術が必要です。

日本人は臭い嫌いでワキガは少数派

日本の社会は、昔からニオイを嫌う文化であると言われています。いまでこそ、香水やバスソルトなど、いろいろなニオイに関する商品が出回っていますが、外国ほど積極的に受け入れられているわけではないと思います。

日本人は臭いが嫌いであり、特に臭いニオイにはとりわけ敏感なのです。

また、ワキガ体質の人(アポクリン腺が多い人)は海外では多数派であり、白人は70%以上、黒人は90%以上がワキガ体質であると言われています。細かい数字はわかりませんが、実際に外国人が臭いと感じたことのある人は多いのではないでしょうか。

では日本人はどうなのかというと、ワキガ体質の人は全体の10%程度とされています。つまり、ワキガの人のほうが圧倒的に少数派なのです。

言い方が少しストレートになり失礼かもしれませんが、まわりの人がみんな臭ければ、自分が多少臭ったとしても気になりませんよね。しかし、日本ではワキガ体質の人は少数派なので、目立ってしまうのです。

そのため、ワキガ臭に対する反感、その臭いを発している人への攻撃などが強くなっているのです。

自分だって好きこのんでワキガ体質で生まれるわけではないし、先天的な要素の大きいものなのに、そのように責められるのは哀しいし、生きる自信をなくしてしまうこともありますよね。

しかし、日本ではある面では仕方のないことでもあるのです。それをふまえて、日常生活に支障のないように脇汗対策をしたり、ニオイ対策をしたりすることが大事だと思います。

食事内容も関係あり

ワキガ体質の人というのは、アポクリン腺が多く発達している人です。これは遺伝によるところが非常に大きく、親の影響を強く受けます

しかし、環境によってもニオイは変わります。アポクリン腺から出る汗を減らしたり、皮膚の常在菌を減らしたりすることで、ある程度のニオイであれば抑えることができます。

汗の質を変えることも大事です。すでに説明したように、アポクリン腺には脂質やタンパク質が含まれています。その量を減らして汗の質を変えることで、少しはニオイを軽減できる可能性があります。

具体的には、肉類の摂取をなるべく控えるということです。肉類は高タンパク・高脂肪なので、それを摂ることによって汗に含まれるそれらの成分が多くなり、ニオイが強くなる可能性があります。

そのため、軽度のワキガであれば、食事内容を変えることである程度の効果が見こめると思います。

とはいっても、軽度のワキガであれば食事内容に気をつけることで防げることもあるかもしれませんが、中等度や重度の場合は、食事内容の変更だけではニオイを抑えられない可能性があります。

汗の量と菌の繁殖を抑えるのアイテムとして、ドラッグストアなどで売っている市販のデオドラント剤を使うのが簡単な対処法ですが、中等度以上の場合は、それでも防げない場合が多いと思います。

重度の場合はアポクリン腺を切除する手術をするのが、根本的でもっとも効果のある対策になりますが、金銭的なリスク、手術痕が残るリスクなどを考えると、おいそれと踏みきれるものではありませんよね。

そこでオススメなのが、ワキガ対策クリームです。当サイトで紹介している医薬部外品は、市販のものにくらべて制汗作用や滅菌作用が強いのがウリです。

手術をするのを迷っている場合や、自分がどの程度のワキガなのかわからないという場合には、医師のカウンセリングを受けるほかに、当サイトで紹介しているようなワキガ対策クリームを使用することをオススメします。

このページのトップへ

トップページ