トップ > みんなのワキガ体験談 > いつかは臭いについて自信が持ちたい

いつかは臭いについて自信が持ちたい

電車内

投稿者 : ゆうこさん(女性・21歳)

私は21歳の女性です。高校生のころから、自分の脇の匂いがいつも気になって仕方ありませんでした。

原因としては部活動や体育の授業の後で、必ずクラスの同級生が私の方を見てしかめ面をしたり、怪訝そうな嫌な顔をするからです。汗をかいた後の黄色い汗染みも気になっていましたし、自分の体臭らしき臭いにも小さい頃から気が付いておりました。

周りの反応が気になってしまうので、あまり人混みには自分から行こうとは思いません。満員電車の中ではいつも身をすくめるようにして立っており、周囲の人に迷惑をかけているのではないかと気にしてばかりいます。

あまりに臭いが気になるときには、しばらく乗っていてから別の車両に乗り換えたりもしています。

改善策としてはクリアネオラポマインというデオドラントクリームを使っています。クリームが塗りやすいように、わき毛はしっかり処理しておきます。

こまめに汗を拭きとり、汗をかいた後はシャワーではなく毎日お風呂に浸かるようにしております。日常生活も見直して、酒やたばこはなるべく控えております。

改善策にかかる費用は月1万円弱で、今まで20万円くらいはワキガ改善策にかけてきたと思います。

デオドラントクリームを塗り始めてからは、すこしずつ臭いはよくなってきているようですが、まだまだ人ごみに自分から入っていく勇気がありません。

いつの日か、満員電車に長い間乗っても全然大丈夫、という自分になれたらいいのにと思っております。

自分のニオイには気付きにくいもの

ゆうこさん(21歳)の体験談でした。

衣服のワキの部分が黄色くなるというのは、ワキガの自己診断によく使われる項目です。ゆうこさんもその特徴が出ており、さらに汗をかいた後にクラスメイトからしかめ面をされていたとのこと。

ワキガでツライのが、こういったまわりの反応です。自分のニオイは自分では感じにくいものであり、他人ほど強く臭気を感じない場合がほとんどです。これは鼻が自分のニオイに慣れて、感覚を麻痺させるからです。

しかし、それによって、自分では臭っていると気付かずに、まわりの冷ややかな目にさらされてしまうことがあります。

きちんとケアしていても、常に不安はつきまとうもの。それだけに、まわりの反応に過敏になってしまうのです。ゆうこさんが仰るように、満員電車などは特にイヤですよね。車両を移ることもあるというのも、理解できます。

ゆうこさんは21歳ですが、月1万円ほどの費用をかけてニオイ対策をしているため、今までに20万円ほどコストをかけているとのこと。

個人的には、それくらいかけても悩みを解消したり小さくしたりできるなら安いと考えますが、そこの捉え方は人それぞれですよね。ゆうこさんが自信を持って生活できるようになることを願っています。

関連する記事

このページのトップへ

トップページ