トップ > みんなのワキガ体験談 > どんな臭いにも勝ってしまう脇の臭い!

どんな臭いにも勝ってしまう脇の臭い!

強い臭い

投稿者 : ネギシさん(男性・38歳)

38歳の男です。3年前位の35歳の時だったでしょうか、台所にいる訳でも料理をしている訳でもないのに、何だか玉ねぎの臭いがするなと感じていました。

その時はワキガの臭いというものを知らず、何の臭いなのかなと思っており、ましてや自分の脇から出ているとは思ってもいませんでした。

ある日のこと風呂に入ろうと服を脱いだ時です。アノ臭いがシャツに付き自分の脇から出ていることに初めて気付き、あまりにもショックでその日は念入りに体を洗いこれで大丈夫だと思っていましたが、次の日の朝、脇の下から臭いがしていました。

その時ぐらいからでしょうか、いわゆるオヤジ臭がするようになり枕がアブラっぽい臭いがしてホルモンのバランスが崩れたのかは分かりませんが、同時期に臭いが強くなったことは覚えています。

それからと言うもの人前ではわきを腕で密閉するようにしていましたが、そうすると脇の下に汗をかき余計に臭いが増してしまっていました。

ドラッグストアに駆け込み、BANの消臭スプレーやMEN'S BIOREなどを購入して試してみましたが何をやっても自分の脇の臭いが勝ってしまう最強の脇なんです。

脇の臭いと消臭剤の混ざった気持ちの悪い臭いに変化し、特に夏も暑い時期は使ってもあまり効果がなく気休め程度で使っています。月に千円ほどの出費ではありますが、無いよりはマシと思って使用しています。

今は汗をかいたら拭く、トイレに行ったら拭く、何にもなくても拭くこれが一番の対処法かなと思っています。

今後はもっと臭いが酷くなれば手術などもアリかと思ってはいますが考えるだけで、なかなか踏み切れず、結局そのままになり毎年の悩みとなっており、もっと簡単に根本から治せるようになる日が来ればいいと願っています。

急にワキガを発症することはない

ネギシさん(38歳)の体験談でした。

ワキガの臭いを形容するときに、よく「玉ネギのようなニオイ」と言いますが、あの臭いが自分から出ていると気付くのは大変な衝撃だと思います。心中をお察しします。

基本的には、思春期ごろ、いわゆる第二次性徴のときにアポクリン腺が発達して腋臭症を発症すると言われていますので、成人して35歳ごろになってから急に臭くなるということはないと思います。

つまり、少し冷たい言い方かもしれませんが、ネギシさんが気付かれていないだけで元から臭っていたか、もしくはワキガ臭ではなく体臭がきつくなってしまったのか、そのどちらかではないでしょうか。

いずれにせよ、一度気になりだすとおさまらないのがワキガや体臭の大変なところです。

「きちんと汗を拭いてデオドラントも使っているから大丈夫」というささやかな自信と、少しでも汗をかいたら「もしかして臭ってる…!?」という疑心暗鬼とのせめぎ合い。本当にツライですよね。

ネギシさんはデオドラントスプレーなどを利用されたとのことですが、香料の入ったものは使用しないほうがよいです。ご自身が体験されているように、ニオイが混ざって余計にひどくなる可能性があるためです。

そのため、ワキガ専用のクリームなどは無香料をウリにしているものが多いのですよね。

いまのところ、根本的な治療法は手術をしてアポクリン腺を除去するという方法以外にはありませんが、医療が発達して、よりリスクが小さく安価におこなえる方法が出てほしいというのは、みんなの願いだと思います。

関連する記事

このページのトップへ

トップページ