トップ > みんなのワキガ体験談 > ワキガの悩みから解放されたくて

ワキガの悩みから解放されたくて

腋臭

投稿者 : ヤマダさん(男性・不明)

私がワキガに悩みはじめたのは比較的早い次期だったと思います。あれは専門学校に通う10代の終わり、電車の中のことでした。忘れもしない夏の日に、ワキガ特有の嫌な刺激臭が香ったのです。

「誰だろ?」と思っていたのですが、駅の個室トイレでも同じ匂いが。その主が自分だったと気が付いたときのショックは今でも恐怖です。

男であればワキガくらいと、友人は笑いました。意を決して相談したのにそんなアドバイスしかされず、私の深刻な悩みは学生時代ずっと続きました。

改善を試みるようになったのは社会人になってからです。スーツを纏いお客様と会うことになり、「匂いに気をつけるのは常識だよ」と先輩に言われたためです。

そうして私が改善作として調べたどり着いたのはまず、とにかく毎日お風呂に入り、朝もシャワーを浴びてデオドラント剤で清潔に保つことでした。

これらはかなり効果がありましたが、それでも完全にワキガとさよならをすることには成りませんでした。汗ばむ熱い季節は特に悩ましく、もはや仕方がないとさえ思いはじめました。

なにしろ、電車の中のスーツを着た中年男性たちは、普通に色々な香りがしていたものですから、開き直ったに近かったです。

現在もまだ悩み中です。しかし、食生活も大きな影響を与えているという情報を耳にしてからは、ワキガの原因をつくりやすい肉類に気をつけるようにしました。

思い返せば学生時代、肉ばかりというか、肉しか食べていなかった気がします。もしかしたらこれの影響が大きかったのかもしれません。

開き直ることでニオイが改善する?

ヤマダさん(年齢不詳)の体験談でした。

誰しも、自分がワキガだと気付いたときは大ショックを受けるものだと思います。ヤマダさんは専門学校に通っている10代の頃に気付いたとのことですが、恋愛などもする時期だけにツラかったのではないでしょうか。

男性間では、ニオイくらいどうってことない、という風潮もあるのかもしれません。しかし、最近はメンズでも清潔であることが最重要になってきていると感じます。

特に、女性からしたら重要ポイントになります。男性同士であれば問題はないのかもしれませんが、女性が男性をパートナーとして選ぶ際には、見た目の清潔感だけでなく、やはりニオイは気にしてしまうもの。

結婚するとなれば、そのニオイとずっと付き合うことになるわけですから、当然と言えば当然ですよね。そのため、多くの女性はそこを非常にシビアに見るはずです。

反対に、男性は女性に対して、そこまでニオイを気にしない傾向があります。もちろん、一般的にはワキガの女性はお断り、という男性もいますが、女性ほど生理的な嫌悪感を抱かない場合が多いように感じます。

実際にわたしのまわりでは、とてもキレイな顔立ちの友人(ワキガ体質)は、常に男性が寄ってくるという状態でした。

彼女は、自分でワキガであることを自覚しておきながら何もケアをしていなかったのですが、それでも男性に困ることはなかったようです。綺麗だというのはあるかもしれませんが、あの自信が魅力的だったのかもしれません。

話が逸れてしまいましたが、ヤマダさんは最近は開き直りに近い感情を持って、ある程度の余裕を持った心境になっているとのことです。

ワキガであることを気にしつづけると精神的に疲弊しますし、発汗が促進されてさらに臭いが気になるという悪循環に入ってしまう可能性があります。ニオイ対策をしたら、ある程度開き直るというのは大事だと思います。

関連する記事

このページのトップへ

トップページ