トップ > みんなのワキガ体験談 > ワキガの悩みと黄ばみについて

ワキガの悩みと黄ばみについて

脇の黄ばみ

投稿者 : ミナミさん(女性・33歳)

現在33歳の主婦です。

私がワキガに気づき悩み始めた時期は、私が中学校1年生の頃でした。当時、私の通う中学は制服の下に半袖の体操服を着用するというのが規則で、毎日白の半袖を着用して登校していました。

ある日、母から「汗のにおいが凄いのよね」と言われ、自転車通学や部活で汗をかくからそんなに深く考えずにいました。しかし、しばらくしてまた母から「脇の部分だけ黄色く汗染みが出来て洗濯じゃ落ちない」と言われました。

ちょうどその頃、自分の脇の部分からの臭いが少しきついなと感じるようになり制汗剤などでケアするようになりました。

当時の制汗剤と言ったらレモンやフローラルなどの香りが多く汗と混ざると不快になる香りばかりでした。通販サイトで見つけた直接塗る臭いを抑える石も試しましたが、効果は全くありませんでした。

ワキガで一番辛いのは、お気に入りの服が臭くなってしまうことでした。特に白い服は最悪で、脇の部分だけ黄色になって手洗いをしないと汗染みが落ちないのです。

服の臭いには洗濯のときにクエン酸や重曹を入れるといいなど聞けば試してみましたがこちらも効果は全くありませんでした。

いろいろな制汗剤を試したり、臭い対策をして私がたどり着いたのはドラックストアに置いてある「リフレア」という商品でした。

こちらの商品は、無香料で脇に直接つけるもので、効果も持続性が他の商品より高いと感じました。金額も手軽に購入できる金額で年中使用しています。

脇の汗染みに関しては、粉洗剤で手洗いしてから洗濯機に入れるようにすると完全ではありませんが臭いが薄くなるようになりました。

結果として現在も汗染みと臭いのケアは欠かせませんが当時よりはかなり状況が良くなりました。

ワキガによる汗染みを解消する費用もバカにならない

ミナミさん(33歳)の体験談でした。

ミナミさんはワキガの臭いについても悩まれてますが、それよりも汗染みのほうが気になるようですね。衣服の黄ばみについては、男性よりも女性のほうがかなり気になると思います。

ワキガ体質かどうかのチェックポイントとして、耳垢が湿っているか、汗の量が多いかなどがありますが、それと同じく判断ポイントとして見られるのが「衣服の黄ばみがあるか」です。

特に白い服については明らかに黄ばみやすいですので、ワキガ臭だけでなくその汗染みに悩んでいる人は多いと思います。

白い服を着なければいいじゃないか、と思われるかもしれませんが、違うのですよね。女性にとってはオシャレは非常に大事で、どうしても白い服を着たいという欲求は捨てされないものなのです。

また、白い服ではない場合も、色合いが明るめ(薄め)の服の場合は、同じように汗染みができてしまう可能性があります。

現在は衣類用の洗剤で、きちんと漂白してくれるものがありますし、クリーニングに出すという手段もあります。そのため以前ほどは大変ではなくなりましたが、それでも常に気にしなければいけないというのは苦痛ですよね。

臭いケアのためのデオドラント商品の費用、クリーニング代などをあわせて考えると、やはり手術でワキガを根本的に治療するというのが最適な手段なのかもしれません。

関連する記事

このページのトップへ

トップページ