トップ > みんなのワキガ体験談 > わきがの悩みと対処の仕方を考える

わきがの悩みと対処の仕方を考える

スプレー

投稿者 : ミホさん(女性・29歳)

私は29歳女性、現在は専業主婦です。

わきがに初めて気が付いたのは高校生の時です。ただの汗臭さは違い、もわっとした卵がくさったような臭いがわきから漂ってくる気がしていました。携帯電話も普及していたので、原因を調べてみたらわきがでした。

当時はわきがは手術をするしか方法がないと言われていたので、高校生だった私には絶望的でした。もう治らないんだと落ち込んだ時期もありました。

誰にも言えない悩みでしたが、毎日強烈なにおいがあるわけでなく、臭う日と臭わない日があることに気づきました。それからAg+という制汗スプレーが発売され始めたころで、汗のにおいがかなり抑えれられると聞いて使い始めました。

今日は臭いがきついかもと思う日は、冬でも早めに制汗スプレーを使って、なるべく抑えられるようにしました。Ag+はかなり効果があり、前のように周囲に気になるわきがの臭いは減ったと思います。

ただ夏場の白いTシャツなどは2年くらい着ているとわきの部分が黄ばんできてしまって、洗濯では落ちないのでひどくなったものは捨ててしまいます。

私は特に手術などの治療はしていないので、今もわきが体質のままですが、臭いに敏感な人と結婚したのにも関わらず夫は私がわきがだとは思っていません。

わきが体質でも、食べ物を気を付けたり、マメに汗をふいたり、汗取りパットを使用したり、わきのムダ毛をマメに処理することで、臭う頻度を大幅に減らすことができます。

臭うときは、臭いのキツイものを食べた後や、ベタベタする汗をかいたときが多いので、そこを重点的に対策していくとうまく付き合っていけると思います。

Ag+の使用で服に黄ばみができる?

ミホさん(29歳)の体験談でした。

自分がワキガだと知って、絶望したというミホさん。お気持ち、わかります。ワキガだと気付いたり、その後に調べたりしたときに、みんな一度は絶望するのですよね。

若いころであれば、ほかに衝撃的なことは体験していない場合も多いので、ワキガ発覚が人生における最も衝撃的なこととして位置づけられて、絶望もいっそう深くなる、ということがあると思います。

さて、ミホさんはAg+(エージープラス)でワキガ対策をされているとのこと。資生堂の商品で、外人さんが出てくるあのテレビCMで有名ですね。

ミホさんのようにAg+で臭いが抑えられる効果を感じた、という人は一定数いると思うのですが、同じように「服が変色するようになった」と感じる人もある程度の割合、存在するようです。

ワキガによる黄ばみとは別で、ほかの制汗剤だと黄ばみができないのに、Ag+を使うと黄ばんでしまうという人がいるようです。これは銀が含有されていることが要因らしいですが、詳しくはわかりません。

Ag+で汗染みの問題が起きず、またニオイが抑えられていると感じるならば良いと思いますし、もしそうでないならば他のデオドラントを使うことをオススメします。

また、食事の内容がワキガ臭に影響するというのは、実際にあると思います。特に肉類を摂取すると、腸内環境が悪化して体臭が発生しやすくなります。

ワキガ臭だけでなく、体臭や加齢臭なども同時に対処することが大切ですので、食生活やそのほかの生活習慣には気をつけるようにしたいですね。

関連する記事

このページのトップへ

トップページ