トップ > みんなのワキガ体験談 > 制汗剤を併用してワキガに対処

制汗剤を併用してワキガに対処

医師による問診

投稿者 : カズさん(男性・31歳)

31歳、男。悩み始めた時期は高校生くらいからです。体臭に敏感な時期で、脇の臭いに過敏になっていました。

周りの友人もそうですが私も脇の臭いのケアに気を使っていましたが、意識すればするほどに脇汗をかいてしまい、それがワキガの臭い繋がることで悩み始めました。

具体的な悩みとしては、まずは脇汗を多くかいてしまうことです。また、それが洋服の汗染みになってしまい、非常に気になってしまいます。

従って外出する際に着る服に関しては、汗染みが気にならないような黒を中心とした汗染みが目立たないような服を着るケースがほとんどです。

また、白系のシャツ等を着用した際はシャツの脇部分が着色してしまい、臭いもかなり臭いので辛い思いをしていました。

改善策として様々なデオドラント商品を試した中で効果を発揮したものが2点ありました。

1点目がオドレミンという日邦薬品の商品です。塩化アルミニウムが主成分で夜の入浴後に脇に塗布し、しっかりと乾燥させます。朝は特にケアする必要がありません。また、この商品は手や足の汗を抑制する効果もあります。

2点目がロート製薬のリフレアです。クリームタイプやロールオンタイプ、ジェルタイプなど様々なバリエーションがありますが、私はクリームタイプを愛用しています。

費用としては月に1,000円程度掛かりますが、ワキガ臭気に悩まされるくらいなら安いように感じます。

オドレミンとリフレアを併用して使用することで、脇汗の抑制と臭いのケアを行うことができました。将来的にはボトックス注射や手術も視野に検討していく予定です。

デオドラントの相性に気をつける

カズさん(31歳)の体験談でした。

意識すればするほど脇汗をかいてしまい、さらに気になってしまう…。そういう悪循環に陥ってしまうのは、ワキガ体質の方に共通の悩みだと思います。

よく言われるのが、スポーツなどでかく汗はサラサラしていて臭いもあまりないが、精神的発汗はアポクリン腺からの発汗が主であるため、強いニオイを発してしまうという話です。

実際にそういった面もあるのでしょうが、それを気にしすぎて発汗してしまう可能性があるので、個人的には「汗には種類なんてない!」「デオドラントで対策していれば大丈夫!」と思うようにするのをオススメしています。

カズさんはオドレミンとリフレアの2種類の制汗剤を併用しているとのこと。デオドラントを併用する人は多いですが、きちんと目的に合わせて対策しないと悪影響もあるので、そこは気をつけたいところ。

保湿効果のあるものや、肌にやさしく刺激的な成分をあまり含んでいないものであれば良いのですが、刺激性成分を多く含むものを多用したり、ほかのものと合わせて使用したりすると、お肌によくないです。

また、外出時など、汗をかいたあとに二度塗りをする場合に、塗ることでかえってニオイが戻ったり悪化してしまったりする可能性もありますので、デオドラントの相性も考えるべきでしょう。

その点では、このサイトで紹介しているワキガ専用のデオドラントは、二度塗りをしてもニオイの復活はありませんし、お肌にもやさしい成分でできています。ぜひ参考にしてください。

関連する記事

このページのトップへ

トップページ